黒ずみの予防と対策

1.どのようなクレンジングと洗顔が、鼻の黒ずみに効果的?

黒ずみ対策でもっとも重要なのはクレンジングと洗顔です。この段階でしっかり汚れを落とせるかどうかで黒ずみ対策の成否が決まるといっても過言ではないでしょう。しかし一方ではあまり過剰に洗いすぎると肌に負担がかかり、かえって肌トラブルを悪化させてしまう恐れがあります。肌に負担をかけずに汚れはしっかり落とす、このさじ加減が求められるのです。

黒ずみ対策には洗浄成分の粒子が細かい洗顔料を選ぶのがポイント

鼻黒ずみ

まずクレンジング剤と洗顔剤の選択。ポイントは泡立ちがよいものと洗浄成分の粒子が細かいものを選ぶことです。

 

クレイ(泥)や竹炭などが注目されていますが、粒子が細かく吸着力に優れた洗浄成分で毛穴の奥の汚れまでしっかりとかきだして落とすことが重要です。

 

泡立ちがよくないとどうしても手でゴシゴシと擦って洗ってしまい摩擦によるダメージを与えてしまう点も踏まえたうえで選んでいきましょう。

 

またクレンジング剤ではオイルクレンジングがもっとも洗浄力に優れていますが、肌が敏感な方には少々刺激が強い面もあるため、乾燥が原因で黒ずみができてしまった方は避けたほうがよいかもしれません。

黒ずみ対策には肌の負担にならないぬるま湯を利用する

鼻黒ずみ

洗い方について少し触れましたが、強く擦って洗うのは絶対に避けましょう。肌に負担がかかるだけでなく、単に表面だけを擦って洗うだけに終始してしまうからです。

 

黒ずみ対策のポイントはいかに毛穴の奥の汚れを落とすことができるかにありますから、強く擦ったところで期待した効果を得ることはできません。泡立ちがよいクレンジング剤、洗顔剤を選ぶのはもちろん、使用の際には泡立てネットなどで十分に泡立てて使用するよう心がけましょう。

 

また、事前に顔をぬるま湯でよく濡らして泡立ちやすい状態にしておくことも重要です。

 

なお、洗う際にもすすぐ際にも熱湯は使用しないよう気をつけましょう。熱いお湯の方がどうしても泡立ちやすく、汚れが落ちやすい印象がありますが、熱すぎるお湯は肌にダメージをもたらしてしまいます。

 

適度なぬるま湯、40℃を切るくらいの温度を心がけましょう。こうしたポイントを踏まえておくだけでクレンジング、洗顔による黒ずみ対策をうまく行っていくことができるはずです。
タイプ別鼻の黒ずみ対策で使ってみたい洗顔料は?>>

2.どんな化粧水が鼻の黒ずみには有効?

鼻の黒ずみ対策は化粧水で行うこともできます。黒ずみの原因は体質的な面だけでなく、日々の生活習慣やスキンケアも深く関わっていることも多いため化粧水でのケアは予防・対策両面において重要なポイントともなります。

化粧水で黒ずみ対策を行う時はビタミンC誘導体入りの化粧水を使用

鼻黒ずみ

化粧水による黒ずみと予防におけるポイントはまず毛穴を引き締めること。とくに洗顔後は汚れを落とした影響で毛穴が開いた状態になっています。

 

そのままにしておくと埃や汚れ、雑菌などが入り込んでしまう恐れがあるほか、皮脂の分泌量が増えていくにつれて詰まりやすい環境を作ってしまいます。

 

黒ずみに悩んでいる方は洗顔の際に汚れや角栓をしっかり除去するよう努めるとともにその後のケアとして化粧水の収れん効果による毛穴引き締めを忘れないよう心がけましょう。

 

それから有効成分の補充。まずビタミンC誘導体を積極的に活用しましょう。この成分には皮脂の分泌量を抑制する効果があるため、黒ずみの根本的な原因となる皮脂詰まりを防ぐのに役立ちます。

 

この成分はよく知られているように肌への浸透性があまりよくないため浸透しやすい工夫が凝らされた化粧水を意識して選んでみましょう。なお、かなり黒ずみが進行している場合にはビタミンC誘導体をより深部にまで浸透させるイオン導入という選択肢もあります。

セラミドとプラセンタも黒ずみ対策に効果的

鼻黒ずみ

それからセラミドとプラセンタ。セラミドは保湿成分のため脂性肌に多い黒ずみに悩まされている方はあまり必要ないイメージがありますが、実際には肌のターンオーバーを正常に維持する重要な役割を担っています。

 

さらに洗顔の際に一生懸命皮脂を除去すると肌が乾燥しやすくなったり、それを補うために皮脂の分泌量が増えてしまう問題も起こります。それを防ぐためにもセラミドによる潤いの維持が大事なのです。

 

一方プラセンタは角質細胞の活動を促すことでターンオーバーを活性化させる働きがあります。こうした成分が配合されている化粧品をうまく活用して日々のスキンケアでできるだけ黒ずみの予防・対策を有効に行っていくようにしましょう。

3.皮膚科治療ではどんな風に黒ずみ対策ができるの?

黒ずみ対策でもっとも確実な効果が期待できるのが皮膚科での治療です。お金がかかりますが、その分即効性も期待できます。一度出来てしまった黒ずみは日々のスキンケアで改善することはなかなか難しいですし、悪化するとニキビなど他の肌トラブルの原因となる恐れもあるだけに、皮膚科での治療も重要な選択肢といえます。

皮膚科でできる黒ずみ対策は2つの方法がある 

鼻黒ずみ

現在皮膚科で行われている黒ずみの治療には2つの選択肢があります。まずケミカルピーリング。これはAHA(フルーツ酸)に代表されるもともと肌に刺激をもたらす物質をあえて塗布することで皮膚の表面をはがす方法です。

 

表面をはがすことでメラニンが沈着を起こした部分の角質やターンオーバーの乱れで剥がれ落ちずに残っていた古い角質を一気に除去することができます。しかも一気にはがすことで皮膚の再生力を向上させる効果もあり、新しく健康的な肌への生まれ変わりを促すこともできます。

 

ただし、刺激の強い物質を塗布することになるため、乾燥・敏感肌など刺激に敏感な肌の方には使用できないケースもあります。

皮膚科における黒ずみ治療の2つ目の方法はレーザー治療

鼻黒ずみ

もうひとつの選択肢はレーザー治療です。技術の進歩によってレーザー治療がさまざまな分野で使用されるようになりましたが、皮膚科の黒ずみ治療ではフラクセルレーザーやヤグレーザーのレーザーが使用されています。

 

黒ずみができた部分にレーザーを照射することで角質細胞を刺激し、急速に古い肌から新しい肌への入れ替わりを促すことができます。

 

またメラニン色素を生成するメラノサイトにダメージを与えることでしみができにくくする効果や、コラーゲンの増殖を促すことでハリの改善や毛穴の引き締め効果なども期待できます。

 

どうしても毛穴の黒ずみが改善できない、ブツブツしたイチゴ鼻をなんとかしたい、と悩んでいる方はこうした皮膚科での治療が適しています。健康保険の対象外となるため数万円程度の費用がかかりますから気軽にお勧めというわけにはいきませんが、日々のスキンケアでは得られない効果が期待できるはずです。どの方法が自分には適しているのかも含め、検討してみてはいかがでしょうか。

4.鼻の黒ずみに効果的な食事とは

黒ずみの予防・対策における最大のポイントは角栓を防ぐことです。毛穴に詰まった皮脂と角質が結合したこの角栓が酸化することで黒くなり、黒ずみの原因となるのです。

現代人は食生活の乱れから皮脂の分泌が増えて黒ずみにつながっている

黒ずみに効果的な食事

この角栓対策の鉄則は皮脂の分泌量を抑制すること。スキンケアで行うのがもっとも直接的なアプローチとなりますが、現代人の場合は食生活の乱れから皮脂の分泌量が増加しているケースが多く、その改善も不可欠となります。

 

食事による黒ずみの予防と対策でもっとも重要なのが脂分の摂取を控えること。肉類ばかり食べている方も多いはずです。とくに動物性たんぱく質は皮脂の分泌量を促すだけでなく、動脈硬化の原因になるなど生活習慣病とも深く関わっているので注意しなければなりません。

 

ただしたんぱく質は皮膚や粘膜、筋肉を作るうえでも、生命活動に必要なエネルギーを作るうえでも欠かせないため、たんぱく質そのものの摂取を控えるのではなく、植物性たんぱく質や魚を多く摂取するよう心がけるといった工夫が大事です。

食事による黒ずみ対策では揚げ物にも注意

黒ずみに効果的な食事

もうひとつ、脂分で注意したいのは揚げ物や炒め物。これらの調理方法で作られた食事は皮脂腺を刺激し皮脂の分泌量を増やす作用をもたらしてしまいます。食材だけでなく調理方法にも意識を向けたうえで食生活を再検討していくことが必要でしょう。

 

そしてビタミンの積極的な摂取。ビタミンは健康な皮膚・粘膜を作るうえで非常に重要な役割を担っています。さらにビタミンCやビタミンB2、B6といった成分は皮脂の分泌量を抑制する働きを担っているため黒ずみ対策にも非常に有効です。

 

なおビタミンCは体内では合成できず、つねに外から補い続ける必要があります。お勧めの野菜としてはほうれん草、小松菜、ブロッコリーなどが挙げられます。その他レバーや納豆、うなぎ、豆腐、かつお、鮭といったビタミンが豊富な食材も積極的に摂取していくよう心がけましょう。

 

もちろん、全体の栄養バランスを考慮したうえでこうした工夫をしていけば黒ずみの改善に役立つはずです。

5.鼻の黒ずみに効果的な生活習慣とは?

黒ずみの予防と対策では生活習慣の改善という根本的なところから意識していくことが大事です。とくに現代人はこの根本的なところに問題を抱えているケースが多く、それを改善しない限りいくらスキンケアでがんばって対策を行っても十分な効果が得られなかったり、一度改善されてもすぐに再発してしまうことになりかねません。

睡眠不足はターンオーバーを乱して黒ずみの原因になる

黒ずみに効果的な生活習慣

基本は肌によくない習慣を改めることです。まず睡眠不足。ターンオーバーが乱れることで古くなった角質が剥がれ落ちにくくなり毛穴に詰まってしまうようになります。

 

これが皮脂と結びつくことでできるのが角栓です。睡眠時間が不足しているだけでなく、十分な睡眠が取れない睡眠障害に陥っている人が増えているだけに、自分が質の高い睡眠をとれているかどうかを再確認してみるとよいでしょう。

 

それから運動不足の解消。運動は行うことで黒ずみ対策に役立つ一方、不足すると原因になってしまうため二重の意味で重要です。不足することでターンオーバーが乱れるだけでなく老化が進むことで角栓ができやすく、さらに酸化しやすい環境を作ってしまいます

 

逆に運動を行うとターンオーバーの改善と老化の予防に役立つほか、ストレス解消や質の高い睡眠へと導く効果なども期待できます。黒ずみだけでなくニキビに悩まされている方にとっては腸内環境の改善による免疫力の向上も重要なポイントとなるでしょう。

ストレスと喫煙は体内のビタミンCを大量消費する

黒ずみに効果的な生活習慣

さらに運動はストレス解消にも役立ちます。この点についてはストレスと喫煙がもたらす黒ずみへの影響と絡めて見ていきましょう。ストレスと喫煙は体内のビタミンCを大量に消費してしまうという共通点を抱えています。

 

ビタミンCといえば老化を防ぐ抗酸化作用に加えて皮脂の分泌量を抑制する効果も備えています。そのため消費されて不足すればするほど黒ずみができやすい環境になってしまうわけです。

 

こうした黒ずみと生活習慣との関係を把握したうえで改善に努めれば予防・対策に役立つはずです。黒ずみだけでなく広く肌トラブルの改善にも役立つポイントですから覚えておいて損はないはずです。
タイプ別鼻の黒ずみ対策で使ってみたい洗顔料は?>>

鼻の黒ずみ解消に使ってみたい洗顔料

然 (しかり)よかせっけん

クレイ洗顔料おすすめよかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円・税別/定期コース1,705円・税別
公式HPで詳しく見てみる!>>

いつかの石けん

いつかの石けん

酵素の力で頑固な毛穴汚れもスッキリ!累計100万個突破の酵素配合洗顔石鹸
1,728円→2個セット1,620円×2個
公式HPで詳しく見てみる!>>

Dr.Soie マイルドクレンジングジェル

泡立つジェルで毛穴汚れも吸着!皮膚科医発のくすみ・毛穴ケア用洗顔料
4,320円・税込/定期初回3,456円(3,672円)税込
公式HPで詳しく見てみる>>